最新情報

ホーム » 最新情報 » イベント・講座・研修会情報

平成30年度災害ボランティア研修会開催の報告

平成31年3月2日(土)消防防災センターにおいて、災害ボランティア研修会を開催しました。
今年度は「今からできる防災・減災」と題しまして、西日本豪雨災害の被災地支援者らによるシンポジウムを企画しました。パネラーに大洲市社会福祉協議会の黒江雄一様、上分婦人会長でひうちなだ防災会でも活動されている佐藤温美様と一般社団法人OPEN JAPAN副代表の肥田浩様をお迎えし、コーディネーターとしてNPO法人今人倶楽部の髙塚政生様に進行役をお願いしました。
皆様、それぞれ被災地での様子をスクリーンに流しながら、これまでの数々の被災地支援の体験談などを話してくださいました。
参加者の方々には、経験に基づくお話は大変参考になり、改めて防災・減災に取り組む重要性を考える良い機会になったことだと思います。



傾聴ボランティア養成講座終了

 平成30年度傾聴ボランティア養成講座を1月9日から2月13日まで毎週水曜日全6回で開催しました。今年はたくさんの方の参加があり、皆さん熱心に受講されました。受講生の皆さんは自分を見つめなおすよい機会になったのではないでしょうか。

「傾聴」とは、聴き手が相手の話を聴くときに、相手の立場になって相手の気持ちに共感しながら聴くことです。


講師:加地初美先生から「傾聴ボランティア養成講座を終えて」

 1月9日から始めた1回2時間半、全6回の講座を無事終了することができました。
 この講座は、参加者の方に実習を通して、様々な視点(かかわり方・価値観・なぜその人はその行動をとるのか等)から考えたり感じたりして頂いています。
 毎回、受講生には様々な気づきがあり、自宅で試した事を積極的にシェアしてくださり、和気あいあいとしたグループになりました。
 傾聴においても、聞き役の人は、話す役の人に「もっと話したい。」と言ってもらえるほど、回を重ねるごとに上達していきました。
 最終日には皆様の瞳が輝き、考え方が変わることで「自分自身が楽になった」と喜ばれる姿を見て、受講生の成長がとても嬉しく感じられました。
 受講生の皆様、ボランティアセンターの皆様、本当にありがとうございました。

受講生の皆さんからの感想(抜粋)

・「過去と他人は変えられない」今回の講座で一番心に残った言葉です。
・自分を肯定してくれることの嬉しさをわかりました。
・自分自身を見直し成長させる素晴らしい講座でした。自分をほめ、ほっこりした心で相手と対する、簡単なようで難しい!これを出来る様勉強していこうと思いました。
・今まで相手のお話の途中で、自分の事を話して、いつの間にか会話を奪っていたことに改めて気づきました。
・身近な人にこそ傾聴の精神でいなくてはと改めて思いましたが、難しい時もあります。日々生きていく中で気づきがある事、ありがたく思います。


ボランティア市民活動研修会終了

ボランティア市民活動研修会・第2弾の4回シリーズを11月14日~12月5日の毎週水曜日、市民交流棟2階会議室で行いました。

第2弾1回目 四国中央市国際交流協会理事 星川正さん「青少年の国際感覚の育成とともに」


星川さんのこれまでの海外での豊富な体験談を聞かせていただき、つかの間の海外旅行の気分を味わうことができました。「海外でたくさんの優しさにふれ、親切の循環ということが起きれば、巡り巡ってボランティアの輪が広がるのではないかと思います。」と言われていたことに共感しました。

第2回目は四国中央市の国際交流員 チェルシー・コリンズさん 「アイルランドのボランティア」
第3回目は四国中央市の外国語指導助手 ギャヴィン・ギャロウェイさん 「アメリカのボランティア精神」

それぞれ、アイルランドやアメリカの様子や習慣、ボランティアについてなど、楽しい体験を交えて、お話をしてくださいました。

第4回目は愛媛大学 社会連携推進機構 教授 前田眞さん 「得意技を活かしてボランティアを考えてみませんか」

最後は、研修会のまとめも兼ね、前田先生にボランティアについて教えていただきました。
地域を支えていくためには生活課題を考えたり、地域でのきずなをつくることが大切です。これからの地域のボランティア活動の新しい役割など考えさせられました。


このページの先頭へ