最新情報

ホーム » 最新情報

ボランティア市民活動研修会第1弾開催報告!

演題:「子どもたちの未来に希望を」
    ~モヨ・チルドレン・センター(MCC)の歩み~
講師:MCC(ケニアNGO) 主宰 松下照美 氏

 8月27日(月)四国中央市保健センターにおいて、MCC主宰 松下照美氏をお迎えし、ボランティア市民活動研修会を開催しました。当日は50名ほどの参加者があり、皆さん熱心に聞き入っていました。シンナーは子どもたちにとって、空腹や寒さを忘れさせてくれ、つらさを紛らわせてくれるお守りである。というお話は大変心が痛みました。


感想・・・インターンシップ生 横内窓夏
 現在のケニアは貧しい子どもたちが路上で暮らし、ドラッグがやめられない子どもがいる状況です。松下さんは子どもたちを救うためNGOを設立し「子どもたちの家」を発足されました。映画「チョコラ!」の上映では街中の子どもたちにテルさんと親しみをもって呼ばれるシーンが印象的でした。映画内ではケニアがまだ発展途上国であり、支援を必要としていることがよくわかりました。これは日本の子どもや親へのメッセージではないでしょうか。松下さんが今、必要としているものは、みな様からの気持ちのお金で物資も必要としていますが、子どもたちに自国の製品を使って生活してほしいとおっしゃっていました。松下さんの講演を通して私たちは食事ができて、お風呂に入る生活が当たり前ではなく恵まれていることに感謝しなければいけないと感じました。
 


平成30年度 ボランティア学習

平成30年度 ボランティア学習へのご案内



☆平成30年度実施したボランティア学習を紹介します

〇四国中央市北小学校の学習
  「人にやさしい社会発見!視覚障がい者の学習」
   
  ☆四国中央市視覚障がい者協会 川井会長・篠原副会長との当事者交流・アイマスク体験など
  ☆仙波さんと盲導犬ピーチとの交流
  ☆篠原副会長・喜井さん・点字サークルはなびらさんによる点字学習
   などのボランティア学習をしました


  〇土居土曜クラブ ボランティア学習
    月に1回 点字学習をしています



このページの先頭へ